Contents
売却・買取の違いなどを紹介

少しでも高く売るポイント

いざ売却する際に何も考えずに売却を依頼してしまうと、
数百万円単位で大損をしてしまう可能性があります。
家を売る際にはしっかりと計画を立てて賢い売却活動をしましょう。

1現在の自分の状況の把握と売却する理由を考えましょう

現在の手元資金、住宅ローン残債や月々の返済状況などの経済状況を確認しましょう。
売主様のご状況によって、どのように売却を進めるかが、よりうまく売却するポイントになります。
特に、どのぐらいの期間内に売却を希望するかによって売却方法が変わってきます。

1

2信頼できる不動産会社・担当者を選ぶこと

実際に家を売却する際には、自力で買主を探すことは非常に難しく、ほとんどの場合は不動産会社に依頼する形になります。
その際に、不動産会社を選ぶ基準として一番失敗するケースは、売却査定価格だけで不動産会社を選んでしまうことです。査定価格ももちろん大事ではあるのですが、査定価格=売れる価格である保証はありません。
売主様の要望やスケジュールを把握し、売却活動に対してしっかりアドバイスをしてくれる不動産会社を選ぶことが大事です。そして何より売主様自身がこの人なら任せられるという担当者に依頼することが大事でしょう。

2

3売り出し価格設定と段階ごとの売却価格を決めること

3つ目に大事なポイントとしては、「売却価格」をいくらに設定するかという点になります。
では、具体的な売却価格の決め方ですが、売却査定価格などを基にしてある程度売り出し前に目安となる価格を設定するとよいでしょう。

目安の価格設定とは

よくある価格設定は下記の三つになります。

  • 希望価格

    売主様が売りたい価格

  • 相場価格

    おそらく売れるであろう価格

  • 限界価格

    これ以上値下げできない価格

3
売主様の状況によりますが、時間的な余裕があるのであれば、まずは希望価格から売り出してみてもいいかと思います。相場価格からは高くなってしまうと思いますが、売れる可能性もありますので最初はこれでよいでしょう。
もし時間的余裕がなければ相場価格で売り出すことが必要かもしれません。
最後に限界価格ですが、これ以上値下げできないという価格を決めておきますと、買主からの値引き交渉が発生した際に落ち着いて対応できるでしょう。
どちらにしろ、この売却価格設定は不動産のプロと相談のうえ、慎重に決めたほうがいいでしょう。

Contents
売却・買取の違いなどを紹介

不動産売却の流れ

不動産の売却を考え始めたら、まずは査定から売却活動・引き渡しまでの流れを理解しましょう!

「仲介」と「買取」の違い

一般的に不動産を売却する際に、方法として「仲介」と「買取」の 2種類があります。

不動産売却時の諸費用

不動産を売却する場合にはさまざまな諸費用や税金がかかります。手取り金額を事前にチェックして計画的に売却を進めましょう!

少しでも高く売るポイント

いざ売却する際に何も考えずに売却を依頼してしまうと、数百万円単位で 大損をしてしまう可能性があります。

よくある質問

売却活動のわからない点をわかりやすく説明。事前に準備をするものや契約内容も解説します。

048-487-7225

埼玉県新座市東3丁目5番11号
営業時間: 10:00~19:00
定休日:水曜日

お問い合わせ

販売者様専用ページ

Lancasa 一級建築士が手掛けるデザイン住宅 施工事例施工事例